楽天証券で投資を始めました(インデックス・ETFメイン)

将来の資産形成のために投資を始めました。
勉強したことや、ポートフォリオなどのログを残していこうと思います。
始めたばかりの初心者なので、失敗も含めて記録していこうかと。
積み立てNISAとiDecoから手続きを始め、ETFを中心にポートフォリオを組んでいます。
米国個別株と暗号通貨もものは試しで投資していますが、サブ的な運用となりそうです。

現在の状況

投資開始時期:2021年10月
投資対象:積み立てNISA、iDeCo(審査中)、ETF、個別株(米国)、暗号通貨
投資用の余剰金:150万
コメント:積み立てNISA、iDeCo、ETFをメインに堅実に運用する方針。現時点では少額で運用しながら投資の勉強をしています。

開始2ヶ月の感想

積み立てNISA

とりあえず評判の良いものを2つ選びました。

  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))

証券口座は楽天を選択。元々楽天ユーザーなのでポイント面でもお得なので。
積み立てNISAはクレジットカードで自動引き落としに設定しています。自動にしておくと対応漏れがないですし、楽天ポイントが貯まるのもありがたい。
楽天デビットカードは対応していないので注意。

iDeCoは審査に時間がかかる

積み立てNISAは割とすぐに始められたのですが、iDeCoは10月に申請して未だに審査中(2021年12月)。年内には開始できると思っていたのですが、ちょっと難しそうです。iDeCoはまず、勤務先にも書類の記入をお願いする必要があります。その後郵送して、審査。審査が通ったら、iDeCoもS&P500に投資しようかと考えています。

ETF

iDeCoの審査が長いので、その間にETFにも投資を始めました。個別株はハイリスク・ハイリターンと見かけたので、初心者はETFからの方が良さそう。

ETFとは上場投資信託の事。

  • Direxionデイリー半導体プル3倍ETF(SOXL)(2021年12月10日〜)

もうこれは勘です。良くないですね。素人が陥りがちな勘頼み。
選んだ理由は

  • 高配当
  • 半導体

半導体は今後も注目の業界なので、その業界の高配当を長期で地道に積み立てていこうかなと。現時点で(12月13日)残念がならマイナスなので、少し不安ですが、焦らず様子見です。

本当はメタバースのETFを選択したかったのですが、現在楽天証券では扱っていません。

他にも

  • インベスコQQQ信託シリーズ1NASDAQ(QQQ)(2021/12/17〜)
  • SPDRダウ・ジョーンズ・REIT ETF(RWM)(2021/12/14〜)
  • バンガード・米国高配当ETF(VYM)(2021/21/14〜)

も保有しています。
RWMは不動産関係のETFで現状唯一好調です。
現在米国株全体が下がっているのでここから様子見ですね。
低い時に参入したので焦らずに上がるのを待つつもりです。

個別株(米国)

  • NVDA(エヌビディア12月11日〜)
  • とりあえず多くの投資家が進めているApple、NVDA、Google、テスラを選択するのが無難かなと。(2021年12月現在)
    私はETFで半導体を選択したので、個別でも半導体企業のNVDAを攻めてみようかなと。
    被っているのは無駄なのかもしれないのですが、投資は経済と連動するので同じ業界の方が追いやすいと思いました。
    ただし、リスク分散する必要もあるので、ゆくゆくは他の業界にも広げるかもしれません。

    暗号通貨

    暗号通貨は上がり下がりが激しい印象なので、ガッツリ参入するつもりはありません。投資資金の5%で運用しようと思っています。
    グラフを見るたびに上がり下がりがあるので、初心者には心臓に悪いです。。。
    毎日眺めていると、自分が投資したタイミングは価値が非常に上がっているタイミングだったことがわかりました。故に現時点でマイナス続きで、早くもコケた感。焦らず再び高騰するのを待ちたいと思います。

    保有しているのは2銘柄

    • ビットコイン
    • IOST

    まとめ

    とりあえずあれもこれも、となりがちなので次第に絞りたいと思っています。
    12月26日から楽天証券でETFの積み立てがスタートするので、うまく利用してETFメインの長期投資を想定しています。個別株はお小遣いが入ればいいかな程度に。暗号通貨は暴落中なので様子見。
    まだ初めて1ヶ月もたっていませんが、暗号通貨はあまりに変動が激しいので自分には向いていないようです。