便秘のぽっこりお腹解消に。ヨーグルトの最適解を調べてみました。

私は美容と健康の為、毎朝スムージーを飲んでいるのですが、中身を見直すことにしました。
便秘が激しいので、腸内環境を整える為にヨーグルトやバナナ、イヌリンを選んでいます。
特製スムージー中身

  • 豆乳
  • ヨーグルト
  • 黒胡麻
  • コンブラック
  • イヌリン
  • ブルーベリー
  • バナナ

試しにKOMBLACK コンブラック を混ぜてみたら私の体質には合っているみたいでした!
飲んだ日は出る、飲まない日は出ない。分かりやすく効果が現れました。
スムージーを作る時間がない時は水に入れて飲みます。ほんのり甘くて飲みやすいです。

じゃあ便秘問題が解消されたから、ヨーグルトを外せばカロリー抑えられるのでは??
ヨーグルトは必要なのは否か!?
ということでヨーグルトの効果を調べてみました。

ヨーグルトの効果

腸内環境を整える

人の腸内のは数百もの細菌(腸内フローラ)がおり、ヨーグルトにはその活動を整える役割があります。

乳酸菌、ビフィズス菌という名前を聞いたことはありませんか?ヨーグルトにはこれらの菌が含まれており、腸の活動を整えてくれます。

時間栄養学という考え方

最近興味深い記事を見つけました。

夜にヨーグルトを食べると○○にイイ事が!?驚きの時間栄養学

食べる時間によって栄養効果が変わるという考えです。

せっかく食べるなら効率的に摂取したいですよね。

さて、この記事によると、カルシウムの摂取はが良いそう。夕食時の方が吸収力が高いのだとか。

朝食時と夕食時にカルシウムを摂り、その吸収率を調べた実験があります。

その結果からは、夕食時の方が吸収率が高い事がわかりました。(夜にヨーグルトを食べると○○にイイことが?!驚きの時間栄養学から引用)

カルシウムの摂取は夜が良い。ヨーグルトにはカルシウムが豊富。

ならば夜にヨーグルトを摂取した方が効率的では?

胃にも優しいですし、タンパク質も豊富なので健康維持におすすめの食品です。果物を入れてもヨーグルトの効果は損なわれないそうなので、バリエーションを変えながら継続したいですね。

結論ヨーグルトはあり。

朝のスムージーから夜に変えようと思います。

ホットヨーグルト

こちらの記事にも興味深い情報がありました。

以前からヨーグルトは一肌程度に温める事で乳酸菌やカルシウムの吸収率がアップし、さらにヨーグルトの乳酸菌は40℃前後が最も活性化すると言われています。(ヨーグルトの健康効果 腸が活発になるタイミングは?|ウェザーニュースより引用)

乳酸菌の餌となる食物繊維やオリゴ糖を一緒に摂るのも良いそうです。

ダイエットにはどのヨーグルトが良いの?

ダイエットの為に一押しのヨーグルトはどれ?って事で調べてみました。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌の一種である、「ガセリ菌SP株」には内臓脂肪の減少を助ける効果があります。

ガセリ菌SPは生きたまま腸に届きその効果が確認されています。

ガセリ菌SPの健康効果

  • 脂肪の吸収を抑制
  • インフルエンザの重症化抑制
  • 酸化ストレス減少

ちなみに安眠やストレス減少を狙いたい人は乳酸菌の中でも「ラクトバチルス・ガセリCP2305株」が多く含まれているものを摂取すると良さそう。

ガゼリ菌SPは正式名称「ラクトバチルス・ガセリSBT2055株」と言い、別物なのでご注意。

ダイエット向きのガセリ菌SPが多く含まれるヨーグルトは恵ガセリ菌SP株ヨーグルト。ガセリ菌SP株は摂取後90日経過した便から検出が確認されています。

LP28株

同じく乳酸菌の一種でダイエットに効果的といわれいるのが、LP28株。

こちらも生きたまま腸に届き、中性脂肪の吸収を抑制します。

クレモリス菌FC株

カスピ海ヨーグルトに含まれるクレモリス菌FC株も血糖値の上昇を緩やかにし、血中の中性脂肪を減少させる効果があります。クレモリス菌FC株が生産するEPSは食物繊維のような働きをすると言われています。

こちらも生きたまま腸まで届き、ヨーグルトの摂取をやめた2週間後でも残存している事が確認されています。

各ヨーグルト得意分野が違うので、自分に合うものを選択してください。

まごころ弁当のヨーグルトコラムがとっっても詳しくて参考になります。

まとめ

  • ヨーグルトは夜
  • 食物繊維やオリゴ糖と一緒に温めて食べると尚よし
  • 体内残存日数が長いのはガセリ菌SP株

これまでスムージーに入れていましたが、夜に変えようと思います。