成分で選ぶ!傷んだ髪を補修するのに効果的なトリートメントの選び方

成分で選ぶ!傷んだ髪を補修するのに効果的なトリートメントの選び方

シャンプー、リンス、コンディショナー、トリートメント。これらの違いは分かりますか?
シャンプーは分かるけど、コンディショナーとトリートメントって違うの??という人もいるかもしれませんね。

今回は、それぞれの違いと、シャンプーの後に付けるインバストリートメントの効果的な選び方について紹介します。
記事の最後におススメの最強トリートメントもご紹介します

シャンプー、リンス、コンディショナー、トリートメントの違い

シャンプーは汚れを落とすためのものというのは知っている人は多いかもしれません。
もう一度ここでおさらいしてみましょう。

シャンプーは頭皮の汚れを落とすもの

シャンプーは髪の汚れではなく、本来頭皮の汚れ・余分な皮脂を落とすための役割を果たします。
髪に汚れは、実はお湯洗いで9割は落とすことができます。(スタイリング剤は使っていない場合)
モコモコの泡で、髪を包むように洗って濯いでいる人は頭皮に汚れが溜まっている可能性があります。
頭皮を洗う事に意識してマッサージするように洗いましょう。
シャンプー剤を頭に付ける前に2分くらい髪をお湯洗いするのがおススメ。
薄毛や頭皮ケアに悩む人の為にシャンプーの選び方はこちらをご覧ください。

リンス・コンディショナーは外部の刺激から守る

続いて、リンスとコンディショナーについて。リンスとコンディショナーは明確な線引きの基準はありません。
メーカーによってリンスという名称で販売しているものもあれば、コンディショナーのものもあるといった感じです。

リンスやコンディショナーは髪の表面をコーティングし、指触りを滑らかにします。
女性の場合、特に分かり易いと思いますが、シャンプーだけだとゴワゴワしませんか?
また、表面をコーティングされることにより、外部刺激から髪を守る役割を果たします。

トリートメントは髪を内側から補修する

最後にトリートメント。トリートメントは傷んだ髪を内部から補修する役割があります。質感を整えて髪質を改善するのがトリートメントです。
髪にはコルテックス(皮質)と呼ばれる層があります。髪の一番外側にキューティクルという層があるのは、聞き覚えがあるかもしれませんね。そのキューティクルの次にコルテックスがあります。コルテックスはケラチンというたんぱく質が主成分です。
コルテックスがダメージを受けると、コルテックス内のたんぱく質が失われます。
コルテックスは一度ダメージを受けると再生しませんが、トリートメントによって傷んだ成分を補う事ができるのです。
最近では、コンディショナーにも、トリートメントのような成分を配合したものもあります。ヘアパック、ヘアマスクという名称のものもありますね。
自分の髪質に合わせてどれを使うか選ぶようにしましょう。

トリートメントの効果的な選び方

髪の痛みを内部から補うのがトリートメントの役割だという事は分かりましたね。
続いて美しい髪を手に入れる為に、効果的なトリートメントの選び方をご紹介します。

注意
トリートメントはシャンプーの次に行いましょう。コンディショナーを先にしてしまうと、髪の外がコーディングされているため、補修成分浸透しません。

得られる効果によってトリートメントを選ぶ

高いトリートメント、有名なトリートメントならハズレは無いだろう!というのは非効率な考え方です。
まずは、自分の髪の状態をよく見て下さい。どんなダメージを補修したいのかによって選ぶトリートメント、コンディショナーが変わってきます。

  • 髪にハリコシを与えたい
  • 乾燥・パサつきが気になる
  • サラサラ・艶を出したい

1.髪にハリやコシを与えたい場合

トリートメントによってコルテックスの痛みを補う必要があるのですが、その補修に働くのがPPT(ポリペプチド)と呼ばれる成分です。PPTにはいくつか種類があって、ダメージによって使い分けます。
【PPTの種類】

  • ケラチンPPT
  • コラーゲンPPT
  • シルクPPT

※PPTはこの限りではありません。他にもカゼインPPT、コムギPPTなど様々あります。

ケラチンPPTは毛髪を補強したり、ちぎれたケラチン同士をくっつける役割があります。ダメージを受けて柔らかくなった髪や加齢によってハリ、コシが無くなった髪に使うと効果的です。トリートメントやコンディショナーのパッケージには加水分解ケラチンと記載されています。

このほかにもペリセア、ヘマチン、クレアチン、加水分解シルク、などの成分がハリ、コシに効きます。

ヘマチンはカラーやパーマの持ちを良くする働きもあります。
髪にハリ・コシを与えたい時
セテアラミドエチルジエトニウムサクシニル加水分解エンドウタンパク、フムスエキス(フルボ酸)、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)、ユズ果実エキス(ユズセラミド)、ペリセア、ヘマチン、クレアチン、加水分解シルク、加水分解ケラチンなど
また、上質な太い髪を育てるには頭皮環境を整える必要があります。
これは、トリートメントでは補えないので、日頃の食生活や生活習慣を見直してみて下さい。

2.乾燥、パサつきが気になる場合

髪の毛はケラチンの他にも水分が保持されています。この毛髪内の水分が不足すると、パサつきやうねりに繋がります。
コラーゲンPPTは毛髪や頭皮の潤いに影響します。髪の毛だけではなく、頭皮も乾燥しがちな人は試してみるといいかもしれません。トリートメントやコンディショナーのパッケージには加水分解コラーゲンと記載されています。

このほかにも加水分解ヒアルロン酸、ペリセア、などの成分が髪のパサつきに効きます。

乾燥、パサつきを抑えたい時
加水分解コラーゲン、加水分解ヒアルロン酸、ペリセア

3.サラサラ、艶を出したい場合

絹のようなサラサラツヤツヤになりたい人に。シルクPPTはフィブロインとセリシンで構成されます。
フィブロインは光沢、セリシンは保湿効果があります。
トリートメントやコンディショナーのパッケージには加水分解シルクと記載されています。

髪の外側の水分を補充したい場合は、はちみつなどの保湿成分を。

これまで、髪の内側からの補修成分を紹介しました。髪の外側をコーティングして潤いを保持したい場合は、BG,グリセリン,リピジュア,ヒアルロン酸,ハチミツなどの成分に注目してみて下さい。

髪の外側の水分を補充したい時
BG,グリセリン,リピジュア,ヒアルロン酸,ハチミツ、ラフィノースなど

髪の外側の艶や指どおりを良くしたい場合は油分に注目

髪の毛とその表面にあるキューティクルを接着しているのはCMCと呼ばれる脂分です。キューティクルが剥がれると髪がパサパサで指触りも良くありません。
これを補修するために、ヒマワリオイル、椿油、ホホバ種子油,セラミドなどの油分を含んだトリートメントを選びましょう。
γ‐ドコサラクトンはドライヤーなどの熱に反応してキューティクルを閉じてくれるので乾燥対策に適しています。
トリートメントで内側をケアし、コンディショナーで外側をコーティングするといった選び方でも良いと思います。

髪の外側の艶を出したい時
ヒマワリオイル、椿油、ホホバ種子油,セラミド、水添ヤシ油、パーシック油、ヤシ油(V.C.O)、ユチャ油(サザンカ油)

結局どれを買えばいいの???

数あるトリートメントの中で頭皮・毛髪に優しいおすすめのトリートメントはこちら。

HERB GARDEN ハーブガーデン

HERB GARDEN
【半額モニター募集中】HERB GARDEN公式サイト

上記リンクから公式サイトを見て頂けると分かるのですが、天然成分100%のオーガニックシャンプー&コンディショナー。
石油系界面活性剤、合成香料、保存料、シリコン、防腐剤は一切不使用です。

ハーブガーデン コンディショナー配合成分
【内容量 300ml / 約2カ月分】
水(オーガニックハーブティー)、ベヘニルアルコール、パルミチン酸エチルヘキシル、水添ヤシ油、ミリスチン酸、ステアリン酸グリセリル、パーシック油、ステアラミドプロピルジメチルアミン、セテアラミドエチルジエトニウムサクシニル加水分解エンドウタンパク、γ‐ドコサラクトン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ポリクオタニウム‐10、ヤシ油、アルガニアスピノサ核油、フムスエキス(フルボ酸含有)、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、乳酸、シンジオフィトンラウタネニ核油、バオバブ種子油、ユチャ油、セイヨウトチノキ種子エキス、シャクヤク根エキス、カミツレ花エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、水溶性コラーゲン、ユズ果実エキス、加水分解エラスチン、サンショウ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、スイカズラ花エキス、プルサチラコレアナエキス、銀、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、ソメイヨシノ葉エキス、ソロキクラゲ多糖体、香料(アロマ精油ブレンド)
コンディショナーという商品名ですが、トリートメントとしても使えます。

  • コンディショナー
  • ヘッドマッサージクリーム
  • 洗い流さないトリートメント

という1 本で3役の活用法があります!薄毛対策したい人は、ヘッドマッサージで結構促進できますし、美髪に拘りたい人は洗い流さないトリートメントして活用するもよし。トリートメントは通常髪に付けるものですが、ハーブガーデンは頭皮に付けても問題ないのが魅力。楽でいいです。

私はちょうどトリートメントが変え時だったので、使ってみる事にしました。
頭皮ケアを何からしてよいか分からない人はまずヘッドマッサージをしてみるのがお勧めです。乾いたときの髪の立上りがよくなります。

2か月ごとにお届けの定期便コースにすれば、1ヵ月シャンプー&コンディショナーで2000円で購入する事ができます。
これはかなりコスパが良いですよ。取りあえずお安く定期便で買っておいて、他社製品を試したくなったら即解約できます。



【半額モニター募集中】HERB GARDEN公式サイトを見る

トリートメントはしばらく時間を置く

商品によって時間は異なりますが、髪の内部に浸透させるためにトリートメントはすぐに流さないようにしましょう。
また、シャンプーは頭皮を洗うものですが、トリートメントは髪に作用するものなので、通常は頭皮に付けないようにしましょう。
※ハーブガーデンのように頭皮に付けて良い物もあります。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.