薄毛対策は己を知る事から!あなたの薄毛の原因は??

最近髪にハリが無くなってきた・・・。鏡を見る度に憂鬱になる。このままではいけない!でもどうすれば???
情報が溢れすぎていて分からなくなる事ってありますよね。
手当たり次第に薄毛ケア商品を買い漁る前に、まずは「なぜ髪が薄くなったのだろう?」と原因を考えてみませんか?
この記事では、女性の薄毛に考えられる原因をご紹介します!

原因を知ってから対策を立てる事が大切!

※男性と女性では薄毛の原因が異なる場合があります。本記事では女性の薄毛の原因についてまとめています。

あなたはどのタイプ?女性の薄毛の原因

ポニーテールなど髪を引っ張る髪型

髪を引っ張り上げて固定する髪型を長年していると、頭皮に負荷がかかり、髪が切れたり抜けたりします。
髪型に心あたりがある人は、これを機にイメチェンするのもよいかも。

元々髪が少ない、細い、柔らかい

実は私もそうなのですが、生まれつき髪が細くて少ない人っていますよね。元から少ないのに余計に減ってきた気がする・・・。このような元々髪の毛を育てる能力が弱い人は刺激は厳禁ですよ。

皮脂の分泌が少ない

皮脂と聞くと、「油だ!毛穴を詰まらせてはいけない!しっかり洗わなくては!」と思っていませんか?
実は、シャンプーのし過ぎなど必要な皮脂が不足している事により薄毛になるケースもあるのです。毎日朝晩2回シャンプーをしているあなたはこのタイプの可能性あり。
また、アトピーやアレルギー体質の方も皮脂分泌力が弱い傾向があるそうなので、頭皮に負担をかけないように工夫する必要があります。

実はシャンプーって毎日する必要はないのですよ

脂漏性脱毛症

これは、皮脂が多すぎるパターンです。皮脂が過剰に分泌され、毛穴を塞ぐ事で抜け毛に繋がります。
抜け毛が始まる前に頭皮にかゆみや痛み、湿疹が出るので、まずは炎症を治療しましょう。
脂漏性脱毛症の人の為に開発された専用シャンプーもあります。こちらは皮膚科専門医が開発したもので、脂漏性脱毛症のフケや痒みに悩む方におすすめです。
KADASON SCALP SHAMPOO
頭皮の辛いカユミとフケにおすすめのシャンプー【KADASON】




口コミ評価

お値段は高めですが、効き目が抜群です。
フケで悩んでる方はお試しください。

(KADASON特設ページより)

界面活性作用の強すぎるシャンプーを使っている

シャンプー選びはどれが良いのか正直難しいですよね。どれも良さそうに見えるし、ついついパッケージの好みで選んでしまう。。。
シャンプー選びで気を付けたいのは、洗浄効果が強すぎるものは避ける事。
洗うのが目的なのに、効果が強すぎたらダメなの・・・?そうなのです。これは、先に挙げた「皮脂の分泌」にも繋がるのですが、必要な皮脂まで取り去ってしまうのです。

つまり刺激が強すぎて頭皮を痛めてしまうのです

頭皮が痛むとフケの原因にもなりますので、要注意!

血の巡りが悪い

貧血、低血圧、凝り性・・・など血の巡りが如何ですか?運動不足や無理なダイエットで貧血になったりしていませんか?
健康な髪を育てるうえで血液は重要です。毛母細胞に十分な栄養が行きわたらないと、栄養不足の細い毛、抜けやすい毛が生まれてしまうのです。
頭皮が固いと感じる人は血行不良で髪が育っていない可能性大。お風呂でほぐす習慣をつけましょう。
ココナッツオイルは血行促進効果があるので、頭皮マッサージにおススメですよ。

こちらの記事でおすすめしているハーブガーデンコンディショナーは頭皮マッサージにも使えるので、デイリーケアにおススメです。

HERB GARDEN ハーブガーデン

HERB GARDEN
【半額モニター募集中】HERB GARDEN公式サイト

偏食

ダイエットもそうですが、コンビニ弁当やジャンクフード中心の食生活場合、栄養や酵素が不足している可能性があります。
酵素は美肌にも効くと言われていますが、髪にも良いと言われています。

頭皮に刺激を与えすぎている

ワックスやヘアスプレーが頭皮に残っていたり、爪を立てて洗髪をしている人。定期的にパーマや、カラーしている人。
美容院ではなく、市販のカラーリング剤やパーマ液を使っている場合は、より傷んでいると考えましょう。
私は学生時代、市販のパーマ液でパーマをかけた結果、髪が痛みすぎてゴムのようにびよんびよんになった事があります。こわいですねー。

毛先が痛んでいる人は思いって切ってしまうのが早いです。
質の良い髪が生えてくるように頭皮環境を整える、紫外線などの外部刺激から髪を守るケアをするのがおススメです。

ホホバオイルは頭皮を紫外線などの外部要因から守るバリア機能があるのでプロテクトに使用できます。
保湿、抗炎症、乾燥対策にも使えますよ。

FAGA(女性男性型脱毛症)

女性ホルモンの分泌が減少する事で、相対的に男性ホルモンが優位となり、薄毛に繋がるものです。
一般的に40代ごろから発症すると言われていますが、もっと若い世代で悩んでいる方はいます。生え際から頭頂部髪が薄くなるのが特徴。
今までは違ったのに、35~40代くらいで「あれ・・?髪が・・・」となった方はFAGAかもしれません。

慢性休止期脱毛症

頭髪全体のボリュームが無くなり、地肌が透けたりします。これは通常10%程度であるべき休止期毛が20%に増える事で起こるとされています。
特徴としては

  • 長くて硬い毛が抜ける。(FAGAは柔らかくなって抜ける)
  • 頭部全体から抜け毛がおこる
  • 生え際の後退はない

などがあります。FAGAや慢性休止期脱毛症は、びまん性脱毛症とも言われます。

残念ながら慢性休止期脱毛症のはっきりした原因は解明されていません

原因は1つじゃない・・・かも?

いかがでしたか?複数当てはまる項目があったのではありませんか?
大切なのは自分はどのタイプなのかを知ること。皮脂の分泌力が弱いのに、刺激の強いシャンプーでゴシゴシ洗っていては逆効果ですよね。
髪を育てるのは長い目で根気よくケアする事が大切です。
自分で判断できない場合は専門家に頼るもの方法の1つ。
女性専用のクリニックもあるので、安心して通えますよ。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.