頭皮ケアには石鹸シャンプーがいいってホント?

頭皮ケアには石鹸シャンプーがいいってホント?

石鹸シャンプーは肌に優しいからおすすめ!というのを聞きますが、本当にそうなのでしょうか?
薄毛に悩んでいる人にもおすすめできるものなのでしょうか?
今回は石鹸シャンプーのメリット、デメリットをまとめてみました。

イメージに騙されてる!?そもそも石鹸シャンプーって何?

石鹸というと、シャンプーよりも刺激が弱くて肌に優しそうなイメージがありませんか?
古くから愛されているものだし、きっと肌にも良いのだろう・・・。

ナチュラル志向の方が、「界面活性剤入りのシャンプーを卒業して、石鹸シャンプーに変えました!!」と言う事がありますが、石鹸も界面活性剤なのです。
界面活性剤は、水と油分を混ぜる働きをするので、多くの洗剤や化粧品に含まれています。

界面活性剤は大きく分かると4種類ある

界面活性剤と言っても様々あります。大きく分類すると以下の4種類になります。
界面活性剤の種類

  • 陰イオン界面活性剤
  • 陽イオン界面活性剤
  • 両性イオン界面活性剤
  • 非イオン界面活性剤

このうち、シャンプーや石鹸は陰イオン界面活性剤に含まれます。

どちらも弱い刺激がありますね

石鹸シャンプーの成分

石鹸シャンプーとはその名の通り、石鹸が主成分のシャンプーです。
ドラッグストアでシャンプーの成分表示を見た時に

  • 石けん素地(カリ石けん素地)
  • 石けん分(純石けん分)
  • 脂肪酸ナトリウム
  • 脂肪酸カリウム

が主成分の者は石鹸シャンプーです。
MIYOSHIの石鹸シャンプーは水と石鹸だけで作り、余分なものを入れないという潔さ。
価格もお求めやすいですね。

石鹸シャンプーのメリット

なぜ石鹸シャンプーが良いと言われているのでしょうか。

  • 成分がシンプルで環境にも人にもやさしい
  • 比較的安価で購入しやすい

石鹸シャンプーのデメリット

  • アルカリ性で頭皮に負担がかかる
  • 洗いあがりがギシギシする
  • 石鹸カスが残りやすい
  • 酸性or弱酸性リンスは必須

石鹸シャンプーはアルカリ性なので、どうしても頭皮に負担がかかってしまいます。
なので、薄毛に悩んでいる人、乾燥肌の人、敏感肌の人にはおすすめできません。

頭皮が弱い人は避けた方が良さそう

また、石鹸シャンプーを使用したら、髪を弱酸性に保つリンスをするのは必須です。
酢リンスやクエン酸リンスを行うようにしましょう。

石鹸シャンプーは、すすぎ残しが起こりやすいので、しっかり落とす意識も大切。
石鹸カスが残ったままリンスをすると、余計に髪を痛めてしまいかねません。

シャンプーの使用感は個人差が大きいので、皮脂が多めの人などはご自身の肌質と相談しながら試してみるのも良いかと思います。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.